【2020/09/29】デイ・短期目線で見た明日の注目銘柄

2020-09-29

先週金曜日に大陽線が多く発生した分、9/28は難しい相場を強いられることになりました。

後場の13:30頃から地合いが一気に悪くなり、含み損を抱えた人も多いのではないでしょうか。

そのことを踏まえた上で明日も相場を注視していきましょう。

3962 チェンジ

2020-09-29 チェンジ

こちらの銘柄は、ここまで綺麗なアップトレンドを形成していたものの、本日ストップ安を記録しました。

ただ、これはいつか起こりうるものだと予測できていたもので、その原因として考えられることは、

  • 144万を超えるまでに買残が溜まっていたこと
  • 売買代金が首位になるほど個人投資家に"発見"されていたこと
  • 4月安値から6倍の大相場で推移してきたこと

があり、機関による調整売りとそれに伴う個人の狼狽売りでここまで下がってきたのだと推測しています。

先週から機関の空売りが徐々に入り出し、本来ならそこから警戒ラインを一段階上げなくてはいけませんでした。

今後のトレード方針としては、個人投資家が投げて反発したところを買いで拾う、というものがベースになってくると思いますが、そこで1つの目安になってくるのが、12,000円というラインで追証がかかる8,400円です。そこを明日割るようだと、回復局面が早くやってくるのではないかと予想しています。

いずれにしても、個人投資家の値頃買いが続くうちは上昇に転じにくいでしょう。

3031 ラクーンHD

2020-09-29 ラクーン

こちらは28日の引けに材料が発表されました。

ラクーンが運営する卸・仕入れサイトの「スーパーデリバリー」での購入額が前年比の3.9倍になったというものです。

しっかり2,000円の支持線が機能して持ち直しているため、リスクリワード的に優秀であると考え、また本日が陰線な分明日は陽線が形成しやすいのではないでしょうか。

over/underも3:5と買い板が厚い上、売残が増加、買残と融資残が共に減少しているのも好評価ですね。日中足見て引けにかけて買われているので明日も期待が持てます。

まとめ

2020-09-29 ギフティ

9/28は日中通して取りにくい1日だったと思います。そんな中でも、先日紹介したうちのギフティなどはかなり取りやすい前場だったのではないでしょうか。

肝要なことは負けないトレードをすることです。休むも相場であることを意識して取引していきましょうね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました