【2020/9/28】デイ・短期目線で見た明日の注目銘柄

2020-09-28

これから時々デイトレード・短期目線で見た注目銘柄を紹介していきたいと思います。

投資はリスクを理解した上で、自己責任で行いましょうね。

3937 Ubicomホールディングス

2020-09-28 ubicom

続き足から始まって2,350円の抵抗線を上抜け、2,500円の線を割ってから2,488円で引けを迎えました。9月25日が年度内高値となっており、上値が軽いことから踏み上げが期待できます。

信用買残が20万株ありますが、9/25に出来高が倍増しており、この50万株クラスが続くようなら気にならないレベルだと思われます。火曜日の独楽を除いて先週は陽線4つだったにも関わらず、信用買残が減少していることからも、個人投資家が少なく素直な上昇が起きやすいと予想できます。

2,450〜2,500円以下で始まるようなら2,500円超えた際にエントリー、2,500円超えて金曜日の上ひげ以内で始まるようなら寄成でエントリーしてみても面白いのではないでしょうか。

2335 キューブシステム

2020-09-28 キューブシステム

1,300円の抵抗線を9/17に大陽線で突破、1,380円の抵抗線と1,400円の心理抵抗線を9/25に大陽線で突破しました。出来高も72万株と一段高になっており、年度内高値を更新したこちらも踏み上げを期待できます。

日中足を見ると1,400円〜1,420円の価格帯で出来高が厚くなっており、1,400〜1,450円で寄り付いた場合、ナンピンがしやすくリスクに対するリワードが良くなっています。売残が増加、買残と融資残減少している上、over/underも1:2.2と上を見据えやすくなっておりこちらも注目です。

4449 ギフティ

2020-09-28 ギフティ

eギフトプラットフォーム事業を展開する株式会社ギフティですが、9/24に材料がありました。

同社が提供する電子ギフト券プラットフォーム、「e街ギフト」を岡山県瀬戸内市が実施する「瀬戸内市プレミアム付電子旅行商品券発行事業」に提供することが決まりました。

それを受けて約6%の陽線を作り、上場来高値を更新しました。これが良かった点は、前日の長い上ひげを実線でカバーし、しこり玉を解消したという点です。

上場来高値であること、買残より売残が多い売越銘柄であること、o/uが1:2であることから、しばらくは買い意欲が強い状態が続くのではないでしょうか。

まとめ

金曜日はマザーズ指数も日経225も値を上げ、大陽線を形成する銘柄が多くみられました。その分、下落する時は足が早いことが考えられるので、地合いをよく見て確度の高いトレードを心がけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました