予算5,000円のオススメゲーミングキーボード5選を理由と共にご紹介!選び方は?

ゲーミングキーボードアイキャッチ趣味・ゲーム

先日、政府からの定額給付金10万円を活用して、ゲーミング環境を整えました。

イチから揃える割に予算的には少ない部類だったかと思いますが、なかなか良い買い物ができとんではないかと思っております。

選んだ理由までそれぞれしっかり書いているので、興味のある方は確認してみてください。

そこで今回は、予算が5千円で買えるオススメキーボードとそのオススメポイントを紹介していきたいと思います!

ゲーミングキーボードの種類・選び方って?

そもそも、ゲーミングキーボードにはどのような種類があるのでしょうか?

選ぶ際ポイントとなるのに

  • キーの種類
  • テンキーの有無
  • 有線・無線
  • 利用するゲームジャンル

といったものがあります。

キーの種類

キーには大きく分けて3種類あり、

  • メンブレン式
  • メカニカル式
  • 静電容量無接点方式

があります。基本的に上から下にかけて値段が上がり、5千円で静電容量無接点方式のものはまず選択肢に入ってこないでしょう。

そこで、今回は選択肢となるメンブレン式とメカニカル式に絞って解説したいと思います。

メンブレン式

メンブレン式キーボードは、上下2枚の接点シートがキータイプによって触れることで文字を打ちます。

安価に作れることが特徴で、低価格帯キーボードのほとんどにはメンブレン式が採用されています。

そのほかの特徴としては、

  • 安い
  • 形状や配列の選択肢が多い
  • キータッチの認識が甘いことがある
  • ひとつキーが壊れると使い物にならなくなる

ということがあります。キータッチの認識が甘く、いちいちしっかり押さなければならないため、長時間利用していると疲れてしまうということもあります。

そのため、FPSのような反射神経と応答速度が求められるゲームを好んでプレイする方にとっては向いていないかもしれません。

また、一体型のシートを採用しているため、1つキーが壊れるとそのキーだけ取り替えるということはできず、買い替える必要が出てきます。

メカニカル式

メカニカル式の最大の特徴は、一体型シートを採用するメンブレン式と異なり、1つ1つのキーが独立してスイッチを持っていることにあります。

また、「軸」とよばれるものに色別の特色があり、自分のタイピングスタイルにあったものを選択できるのも特徴です。

そのほかの特徴としては、

  • 耐久性が高い
  • キー入力に敏感
  • 修理・お手入れが簡単
  • 「軸」を選択可能
  • メンブレン式より高い
  • 重い
  • 「軸」が自分に合わないと使いづらい

といったものがあります。それぞれが独立したスイッチを持っているので、耐久性が高いとともに、より繊細なキー入力が可能になります。

また、キーを簡単に取り外すことができるので、修理やホコリ取りと言ったお手入れを簡単にすることができます。

「軸」にはさまざまなカラーと特徴があり、「赤軸」だと軽く疲れにくいタイピング感、「青軸」だと反対にキーが硬めで押した感触が強いタイピング感、「茶軸」だと両者の中間...といったように自分で選択することができます。

ただ、五千円という予算設定で購入できるメカニカル式のキーボードでは、「青軸」が主流になってくるのではないかと思います。

個人的には長時間利用することを想定して疲れにくい「赤軸」がおすすめです。

テンキーの有無

テンキー

ゲーミングキーボードを選ぶ際に重要な点として、テンキーの有無があります。

「テンキー」というのは、上記画像のようなフルサイズの数字キーボードのことです。

MMOをプレイする際にマクロキーをテンキーに割り当てることで便利な一方、FPSをプレイする際には無用の長物となります。また、マウスを大きく振り回してエイムする低感度のプレイスタイルの方にとっては邪魔になることもあります。

個人的には迷ったらテンキーレスをお勧めします。理由は単純で、後からでも必要になったら買い足すことができるからです。

別で購入することで、利用しない時は片付けておくことができるので、デスク上のスペースが確保できます。

有線・無線

ゲーミングキーボードだけでなく、キーボードには有線でパソコンに接続するものと、無線で接続するものがあります。

ここではそれぞれの特徴を見ていきたいと思います。

有線キーボード

有線キーボードはゲーミング用途で選ぶ際ファーストチョイスになる選択肢だと思います。

有線キーボードの特徴としては、

  • 無線に比べて安い
  • 無線より応答速度が速い
  • 選択肢が多い
  • 電源が不要
  • ケーブルが邪魔になるかも

といったことがあります。いくら最近の無線技術が進歩したからと言って、ゲームにおいて最も重要な応答速度で有線には敵いません。

また、値段に対するコストパフォーマンスがよいのも有線であるため、五千円で選ぼうとするとこちらがメインになるの絵はないでしょうか。

私がこちらの記事で購入したのも有線のものになります。

無線キーボード

無線キーボードは有線のものより取り回しに優れ、一定の支持者がいます。

無線キーボードの特徴としては、

  • 有線に比べて高い
  • 無線より応答速度が遅い
  • 選択肢が少なめ
  • 電源が必要
  • ケーブルレスで快適

と、さっきと完全に逆になりますね。

ただ、ケーブルレスの快適さに一度ハマってしまうとなかなか有線には戻れないですよね。。そのような方は、近年増えている低遅延型キーボードを選ぶと良いかもしれません。

ゲームジャンルごとの便利機能

FPSとMMOでは、それぞれ異なる機能が役に立ってきます。具体的にいうと、

  • キーロールオーバー.......FPS向け!
  • マクロキー...................MMO向け!
  • アンチゴースト

という機能がそれぞれ役立ってきます。

「キーロールオーバー」とは、ボタンの同時認識を可能とするものになります。最大10キーまで同時に認識するものから、「Nキーロールオーバー」と呼ばれる無制限に反応するものまであります。

銃を撃ちながら移動したり、牽制しながらアクションしたりと、複数の激しい動作を一気にこなすことが多いFPSにおいては重要な機能になってきます。

「マクロキー」とは、自分でキーに特定の動作を設定することができる機能になります。決まったよく利用するコマンドを登録することで、ショートカットすることができます。

多彩な技を瞬時の判断で使い分けることが求められるMMOにおいて、とても便利な機能となってきます。

「アンチゴースト」とは、キーの誤入力を防ぐ機能になります。

ゲームジャンルごとの選択基準は?

FPSをメインでプレイする

FPSをメイン用途としてプレイする方にとって重要となるのは、

  • メカニカル式>メンブレン式
  • キーロールオーバーの有無
  • テンキーレス

ではないでしょうか。

FPSはキーの同時押しや長時間のキー入力が必要とされます。そのために、キーの耐久性が高く、応答速度に優れた「メカニカル式」のキーボードを優先的に選ぶと良いでしょう。

キーの同時押しができる「キーロールオーバー」に対応しているかどうかも重要なポイントになってきます。

またエイムをしようとマウスを振り回す際、テンキーが邪魔になる可能性があるので、ない方が望ましいかもしれません。

MMOをメインでプレイする

MMOをメイン用途としてプレイする方にとって重要となるのは、

  • マクロキーの有無
  • テンキーの有無

になります。

コマンドのショートカットを可能とする「マクロキー」の有無がMMOにおいて重要になってきます。

マウスで多くの領域を使う可能性もFPSより低いため、テンキーがある機種を選ぶ選択肢も出てくるでしょう。FPSにおいては利用しませんが、MMOの場合テンキーにマクロキーを割り当てることができます。

また、メンブレン式よりメカニカル式の方が良いのは間違いありませんが、五千円という予算を考えると優先度を落としても良いかもしれません。

利用用途が決まっていない

利用用途が決まっていない方は、とりあえずの1台目ということで以下のようなことにこだわってもいいかもしれません。

  • 防水性
  • ブランド
  • 見た目

まず、飲み物をこぼした時、すぐに壊れないような防水のものを選ぶのもいいかもしれません。

また、見た目やバックライトも決める上で重要な要素になります。自分がダサいと思うものを使ってもモチベーションは上がりませんからね。

予算は少なくてもRazerやLogicoolといった有名ブランドのものを使いたいといった方もいるでしょう。形から入るのも立派な1つの選択肢ですよね。

FPSにオススメなキーボード

e元素 メカニカル式青軸キーボード 81キー

こちらの製品の特徴として、

  • メカニカル式(青軸)
  • Nキーロールオーバー
  • テンキーレス
  • 防水
  • アンチゴースト

と、低価格ながらFPSに必要な機能を一通り備えていることにあります。

大手企業や日本製品でこのコスパを実現するのはなかなか至難の技でしょう。

e元素 メカニカル式キーボード タイプライター風

またもやe元素です。素晴らしいコスパなので仕方ないですね。

  • メカニカル式(軸が選択できる!)
  • Nキーロールオーバー
  • テンキーレス
  • 防水
  • アンチゴースト
  • おしゃれ

この製品の最大の特徴は、軸を選択できることにあります。

先述の製品より少し値段が上がってしまいますが、「青軸」「赤軸」「茶軸」を好みに合わせて選択することができます。個人的には、長時間利用することを想定して負担の少ない「赤軸」がオススメです。

また、タイプライター風のおしゃれなキー配置も特徴です。同様のキーボードは軒並み1万円を超えるので、一風変わったデザインのものが欲しい方にはいいかもしれません。

私が購入したのもこの製品になります。私の選択はこちらで理由とともに述べているのでよかったら参照してみてください。

MMOにオススメなキーボード

Razer Cynosa Lite JP

有名ゲーミングブランド「Razer」のエントリーモデルですね。この製品の特徴として、

  • ゲーミンググレード メンブレンキースイッチ搭載
  • 10 キーロールオーバー
  • マクロキー搭載
  • 防滴

というものがあります。この製品最大のメリットは、

「Razer Synapse 3」というRazer専用ソフトウェアでカスタマイズができることにあります。

バックライトの設定からマクロキーの設定、キーバインドまで専用ソフトで設定することができます。

Razer製品が使ってみたい!という方にもオススメです。

使用用途が決まっていない方にオススメなキーボード

使用用途が決まっていない方にオススメのキーボードは以下の通りです。

どちらもメンブレン式ですが、アンチゴースト機能や耐水性、キーロールオーバーといった便利な機能を備えています。

HyperXの方はゲーミングモードが搭載されている一方、ロジクールはパームレストが付属しているなどそれぞれ違いがあります。

どちらも有名メーカーの製品であるため、一定の品質があると安心して買うことができます。

ゲーミング用途で2〜3千円の謎中華キーボードは避けるべき

Amazonや楽天には聞いたこともないメーカーが作った異常に安いキーボードが多数販売してあります。

そういったものはサクラレビューが横行しており、カタログスペックもどこまで本当か判別できないので、避けたほうが無難でしょう。

例えば、Amazonの売れ筋3位にあったこちらの製品

npet キーボード
amazon.co.jp

サクラチェッカーで確認してみると、

サクラチェッカー

ご覧の通り、真っ黒であることがわかります。サクラと知った上でわざわざ買うのは嫌ですよね。

まともなゲーミングキーボードを安く購入しようと思っても、最低5,000円はかかると思った方がいいでしょう。

ぜひ選択の参考にしてみてくださいね。

私がコスパ重視で一式購入したデスクトップ環境とその理由を以下の記事で紹介しています。よかったらぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました