APEX Legendsがヌルヌル動くPCの選び方は?

pc選び方趣味・ゲーム

APEXがぬるぬる動くPCを選びたい...
でも選び方がわからない...

と思っている人、意外と多いのではないでしょうか?

  • CS版からPC版に挑戦してみたい人
  • PCを買うついでにApexをやってみたい人

こちらの記事は、上記の人に向けた記事となっています。

これからAPEXのためにPCを選ぶ方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Apexの必須スペック・推奨スペックは?

まず、Apex Legendsをプレイする上での公式必須スペック・推奨スペックを確認してみましょう。

必須動作環境

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
  • メモリ: 6GB
  • GPU: NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
  • GPU RAM: 1GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

推奨動作環境

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品
  • メモリ: 8GB
  • GPU: Nvidia GeForce GTX 970 / AMD Radeon R9 290
  • GPU RAM: 8GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

こうしてみると、動作させるだけならそこまでハイスペックなPCは必要ではないことが分かりますね。

ただ、インテルCPUの内蔵グラフィックス「インテル UHD グラフィックス 630」などの一般的なノートパソコンに内蔵されているようなオンボードグラフィックスでプレイするのは難しいと言えるでしょう。

こちらのサイトでは、各種ビデオ設定を全て低設定、アンチエイリアスやアンビエントオクルージョン、空間光などはすべて無効にした上で、1280×720の30 fps固定でようやくプレイできる、となっています。

60FPS以下は入力遅延の影響が大きくなり、プレイに悪影響があります。

Apexをヌルヌルプレイするには?

ここからはApexをプレイする上でどれほどのスペックがあればヌルヌルとプレイできるのか、ということを見ていきたいと思います。

ここでいうヌルヌルとは、

フルHD・144FPSで安定して動作すること

と定義します。というのも、ゲーミングPCを購入してFPSをプレイする際にまず目指すであろうのがフルHD・144FPSであるからです。(偏見?)

144FPSを体感した後に60FPSでは少し物足りなく感じるでしょう。

また、推奨スペックの基本は「60FPS」であると言われていますが、それならばPS4でプレイした方がコスパが良いので、100〜144FPSを目指していきたいところです。

CPU・メモリはそこそこでOK

上記の公式必須・推奨スペックを見ても、

  • 必須CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz 以上
  • 推奨CPU: Intel i5 3570Tおよび同等品 以上

  • 必須メモリ: 6GB 以上
  • 推奨メモリ: 8GB 以上

と、メモリとCPUに関してはそこそこのものを用意すれば大丈夫でしょう。

メモリは16GB(8GB×2)あると安心かもしれません。

グラフィックボードはミドル〜ハイスペックなものが必要

そこそこのもので事足りるCPUやメモリと異なり、グラフィックボードに関してはミドル〜ハイクラスのものが必要となります。

低設定

Apexの画質設定には大きく分けて「低」「中」「最高」の3つの設定があり、PCの性能によって切り替えることができます。

低設定でプレイするなら、GTX 1660以上のグラフィックボードを搭載していると良いでしょう。

ただ、GTX 1660に少し金額を増やすとさらにコスパの良いGTX 1660 Superが購入できるので、どうせならそちらを狙った方が賢明です。

中設定

中設定なら、RX 5600 XT、GTX 1080あたりのグラフィックボード以上で144FPSを狙うことができます。

ただ、144FPSは出せないかもしれませんが、コストパフォーマンスの面ではGTX 1660 Superが上記2種類のグラフィックボードよりも優れています。

最高設定

最高設定となるとApexもかなり重いゲームとなり、144FPSを狙うのにGTX 1080 TiRTX 2060 Super以上のグラフィックボードが必要となります。

コスパを求めてゲームで勝とうとするならば、画質を妥協してみるのも1つの手かもしれません。

ApexをプレイするならノートよりもBTOがオススメ

Apexをパソコンでプレイしようと思ったら、ゲーミングノートよりもドスパラFRONTIERなどのBTOデスクトップがオススメです。

理由としては、ゲーミングノートだと

  • 価格対性能比が悪い
  • 意外と持ち運んでプレイする機会は少ない

という欠点があります。集中してゲームに没頭したいなら、自室の整った環境でプレイした方が快適にプレイできます。

そっちの方が当然成績も良くなるよね!

また、自作だと

  • ある程度の知識が必要になる
  • 失敗したら部品を買い直す必要がある
  • 保証がない

といった初心者にとってはハードルがあります。その点、BTOパソコンだと熟練したプロが組み立ててくれるので、配線もきれいに仕上げてくれます。

筆者は

  • AMD Ryzen 5 3600
  • AMD B450
  • 16GB (8GB x2) DDR4 SDRAM PC4-21300 (DDR4-2666)
  • 500GB M.2 NVMe SSD / 2TB HDD
  • NVIDIA® GeForce® GTX 1660 SUPER™
  • 650W ATX電源 80PLUS GOLD (日本製コンデンサ仕様)

のBTOパソコンをFRONTIERにて約105,000円で購入しました。Apexをプレイする時にも、低設定ならば144FPSに貼り付いて出すことができています。

FRONTIERが頻繁に開催しているセールでは他のBTOメーカーを圧倒するコスパで購入できるので大変オススメです。

賢くパソコンを選んでヌルヌルとApexがプレイできるようにしましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました