新型SEの登場で値下がりするiPhone 8は買いなのか?

モバイル

先日Appleは新機種としてiPhone SEを発表しました。

画面サイズが4.0インチで旧型iPhone SEの完全なる後継になるのではないか、と期待する人も大勢いましたが、実際には4.7インチの”iPhone 8s”とも言えるようなデザインでした。

デザインや基本的な造りはiPhone 8を踏襲したもので、カバーなどもそのまま使っていたものを流用できます。

登場した新型iPhone SEとは?

A13 Bionicを搭載していたり、eSIMでのデュアルSIMに対応していたりするなど、進化した部分はたくさんありますが、最大の特徴は価格です。

最新チップを搭載したiPhoneを約4.5万円から買えるというのは、とてつもなく大きなインパクトがあります。

近年のスマートフォンの高価格化に一石を投じることになり、おそらくですが新型iPhone SEはiPhone 8のようにロングラン商品となるでしょう。

そこで気になるのはiPhone 8の動向です。長らく唯一のtouch ID搭載機種として踏みとどまってきたiPhone 8ですが、ついにApple公式ストアから姿を消してしまいました。

新型iPhone SEがこれほどの低価格であったために、iPhone 8の在庫を抱える店は値下げを余儀なくされるでしょう。

実際、まだ発表段階に過ぎませんが、既にイオシスなどでは値崩れが始まっています。

新型iPhone SEの登場でiPhone 8が大きく値下がり、Cランク品が税込26,800円からSIMロック解除済み未使用品もセール、イオシス
 Appleの4.7型スマートフォン「iPhone 8」の中古品・未使用品が、イオシスで大きく値下がりしています。

iPhone 8はまだまだ現役!

日常生活の範囲でしか使わない方など、iPhone 8の性能でも十分だという方も多いと思います。腐ってもiPhone 8は昔のフラグシップ機種なので、

  • Felica(おサイフケータイ)搭載
  • Touch ID搭載
  • ワイヤレス充電が可能
  • 新型iPhone SEと同等の耐水・耐塵性能

など、日常生活には十分な機能を備えています。もちろんSoCのA11 Bionicだって最新ではないものの、軽快な動作を実現するのは十分の性能を持っています。

しかしながら、数年前の機種となるので最近の重い3Dゲームなどはカクつくかもしれません。

個人的には、”iPhoneである”ということも大きなメリットの1つだと思います。Androidとは異なり、iPhoneユーザーはAppleの独自サービスにアクセスできます。データ移行だって簡単です。

日本はiPhoneが圧倒的に強い国なので、アクセサリーも充実している上に、周りと同じなので浮いたりすることもありません。

また、新型iPhone SEはiPhone 8と見た目がほぼ同じなので見分けがつかないでしょう。

5Gへの本格的な移行を見据えて繋ぎとして利用するならコスパもいいかもしれません。再度売るにしてもAndroidなら二束三文ですが、iPhoneならリセールバリューが残っている可能性が高いです。

筆者が思うに、

  • iPhoneを限界まで安く使いたい方
  • 最高の性能を求めていない方

にとっては依然としてiPhone 8が有力な選択肢となりうるでしょう。逆に、

  • 最新iPhoneが使いたい方
  • たくさんスマホでゲームがしたい方
  • 最高の性能を追い求める方

には向いていないかもしれません。

現状のiPhone 8の価格は?

中古スマホ販売店では、未使用品から中古まで豊富なiPhoneの在庫を取り揃えています。

なかでもイオシスは有名であり、あらゆる状態のiPhoneを入手することができます。


未使用品なら綺麗な状態のものが大体43,000円〜44,000円、ネットワーク利用制限△のものは40,000円を切る価格で販売されています。

また、

  • 中古Bランク...27,800円
  • 中古Cランク...22,800円

で販売されています。(記事執筆時)

さらに値下げされている可能性もあるので、詳しくはホームページをチェックしてみてください。

>>イオシスで価格をチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました