約5万円のiPhone “11”──高コスパな新型iPhone SE 第2世代のストロングポイント

モバイル

先日、こんな記事を書きました。

そしたらまた高コスパのiPhoneが発表されてしまいました...

4月16日ついに長らく噂されてきたiPhone SEの後継機種、iPhone SE 第2世代がついに発表されました。

iPhone SE
iPhone SEは4.7インチのディスプレイを持ったデザインに、A13 Bionic、ポートレートモード、4Kビデオ、Touch ID、Retina HDディスプレイ、長時間駆動するバッテリーを詰め込みました。

iPhone SEの名前を冠していると貼っても、4.7インチ液晶+ホームボタン筐体がベースになっており、iPhone SEというよりかはiPhone 8の後継に近いと言えるかもしれません。

しかしながら、新型iPhone SEはスマートフォンの源流に立ち帰った優れたスマートフォンであると言えると思います。

次第に巨大化してゆくサイズ、気付いたら増えているカメラレンズ、年々高額化する価格。そんな最近のスマートフォンの潮流に違和感を感じている方も多いのではないでしょうか。

スマートフォンとはあくまで「携帯電話の進化系」であると考えている方にとってこの新型iPhone SEはよい選択肢となりそうです。なんで背面がガラスなんだ

約4.5万円からと低価格ながら要所を締めた構成

最新チップのA13 Bionicを搭載

デザインこそiPhone 8を踏襲した古めのデザインであるものの、心臓となるSoCにはiPhone 11と同様の最新チップ A13 Bionicを搭載しています。

SoCは性能が高ければ高くなるほど、動作が「サクサクになる」ことを意味しています。

iPhone 8のSoCがA11 Bionicだったので、その層からの買い替えも狙っているのでしょうか。A13 BionicはA11 Bionicと比べてantutuベンチマークでおよそ倍近い数値が出ます。

また、高性能SoCは「省電力化」と「より高精度なマシンラーニング」においても恩恵をもたらします。

「省電力化」するということはそのぶん本体の発熱が少なくなるということですし、「より高精度なマシンラーニング」は後述するカメラ性能において役立ちます。

新型iPhone SEは小さくともパワフルなスマートフォンになると言えるでしょう。

デュアルSIM,eSIM対応、ギガビット級LTEやWi-Fi6にも

iOS 12.1 以降を搭載した iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 以降のiPhoneが搭載しているeSIMとのデュアルSIMに対応しています。

IIJmioや楽天モバイル(公式対応機種ではない)のeSIMをnano SIMに次ぐ2枚目のSIMカードとして利用できます。

先日MNOとしてのサービスを開始した楽天モバイルでは、違約金縛りなしで一年無料キャンペーンを実施しているので、試しに利用してみるのもいいかもしれません。

新型iPhone SEもXS以降のiPhoneと同じくギガビット級LTEに対応しており、通信方式は「2×2 MIMO対応802.11ax Wi Fi 6」とiPhone 11と同じくWi-Fi 6に対応しています。

変わらずTouch ID搭載

新型iPhone SEはiPhone 8までと同様Touch IDを搭載しています。

iPhone X以降のFace IDはマスクをつけていたらなかなか反応しない、暗闇でも反応しない──などと、嫌気が差している人も多いのではないでしょうか。

iPhone 8までと同様指紋認証を様々なシーンで活用できるのはiPhone SE特有の利点になります。

マスクを着用する機会が多いこのご時世、touch IDが有効なシーンは多いでしょう。

シングルだけどパワフルなカメラ

新型iPhone SEは近年のiPhoneのように複数のレンズを搭載しているわけではありません。しかしながら、SoCにA13 Bionicを搭載していることで、「Neural Engine」を活用したより自然で鮮明なカメラ体験が可能となります。

また、人物のみではあるものの、Focus Pixelsを使用したポートレート撮影が可能になり、動画は60fpsの4K撮影に対応しました。

何よりも安い!

64GBモデルが税別44,800円と、これまでのiPhoneと比べても格段に安くなりました。決して「型落ち」ではないに関わらず。

Antutu50万点クラスのスマホが約5万円とは、Appleの正気を疑います。。。

この価格だけでiPhoneのファーストチョイスになると言っても過言ではありません。

最高最強のiPhoneではないが...

当然これだけ安いのですから、ないものもあります。

  • 有機ELでない
  • 3D Touchがない
  • IP68(防水)でなくIP67(耐水)
  • 超高域帯に非対応

...どうでしょうか。そんなに劣っているとは感じません。むしろこれだけ安い割にこれだけしか違わないのか、という感想が浮かんできます。

さいごに

約5万円でA13 Bionic搭載とは、正直驚きました。

デザインがiPhone 8のものでいい方、いい選択肢になると思います。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました