【キャッシュレス最強?】半年使ってわかったKyashのメリットデメリット

キャッシュレス

みなさん、Kyashをご存知でしょうか?

簡単に言えば「本人確認不要」「登録1分手数料年会費無料」で使用できるチャージして使うプリペイドカードです。

最大の特徴は利用すると1%のポイントがつきポイントの二重取りが可能だという点です。

チャージ方法は、

  • セブン銀行ATM
  • 銀行ATM Pay-easy
  • コンビニ
  • クレジットカード (デビットカード)

の4つがありますがチャージには断然クレジットカード(デビットカード)をお勧めします。

なぜなら、

  • チャージする際にクレジットカードのポイントが付く
  • アプリ上で手続きが完結する
  • 自動チャージが使える(残高不足の時自動的にチャージする)

からです。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

Kyashカードには三種類ある

現在Kyashカードには3種類存在し、

  • Kyash Card (発行手数料 900円) 還元率 1%
  • Kyash Card Lite (発行手数料 300円) 還元率 0.5%
  • Kyash Card Virtual (発行手数料 無料) 還元率 0.5%

※2020年5月1日より

があるのですが、これから申し込むならKyash Card一択です。理由としては

  • 還元率が1%で維持される
  • ICチップ付きでより安全
  • "KYASH MEMBER"でなく自分名義で持てる
  • 暗証番号が設定できる
  • 海外決済可能
  • 月の決済上限が高い
  • タッチ決済にも対応

と、完全な上位互換となるからです。暗証番号が設定できるのでLiteのようにいちいちサインを求められないのは便利ですね!

ICチップのないカードを出すとしばしば不慣れな店員さんを困らせてしまうので、その手間もなくなります。

メリット

①Visaブランドである

何よりもこのことがKyashの1番のポイントです。

Visaは国際クレジットカードブランドの中でも一番のネットワークを備え、20億の会員と世界200カ国、3850万店の加盟店を抱えています。

当然使う場所には困りません。ここがまだまだ発展途上にあるQR決済各社とは大きく異なります。

Kyashには年齢制限もないため、未成年のお子さんに持たせることも可能です。

②ポイントの多重取りができる

Kyashを使うと1%のポイントがつきますが、それとは別にクレジットカードのポイントもつきます。

つまり、楽天カードのような還元率1%のカードと紐づけて使うと、常時2%還元となります。

各QR決済も還元率をじわじわと下げてきており、Paypayが0.5〜1.5%、LINE payも0.5〜2%と幅や条件がある中、

常時2%還元の決済方法は非常に汎用的です。

もっとも、キャンペーン等はあまりありませんが、、、

それもKyashの特色と言えます。

③複数カードと紐付けできる

Kyashにはチャージ元として複数のカードを登録し、使い分けることができます。

そのどれをチャージ元とするか、アプリ上でボタン1つで切り替えることができます。

そのため、多くのクレジットカードを財布に入れて持ち運ぶ必要性がありません。

また、万が一紛失した際にはその場でアプリからロックをかけられます。チャージした金額以上には使われることがないのも安心ですね。

④Apple Pay,Google Payにも対応!

他のカードと同じく、アプリにカードを登録することで利用できます。

もちろん、普通に使うのと同じようにポイントがつきます!

ここで重要なのは、Apple Pay,Google Payに対応していないカードでもKyashを噛ませることで使えるようになるということです。

お手元のカードが対応していない人にはありがたいですよね!

⑤アプリの機能が充実している

アプリは送金・請求機能や履歴確認機能も備えています。

このように一件一件どこで使ったのか分かるようになっています。チャージされたポイントも表示されます。

過去の履歴も月単位で確認できるようになっています。

決済されるたびに通知が来るので、不正な決済にはすぐ気付くことができます。

デメリット

①還元対象が月12万まで

還元対象決済上限が1カ月当たり12万円までと決まっています。それ以上については還元を受けることができません。

(https://support.kyash.co/hc/ja/articles/115004640987-Kyash-Visaカードのご利用限度について)より

また、上記の図のように一ヶ月に使用できる上限も決められています。

②使えない実店舗がある

Visaが使えても、Kyashが使えない店舗が一部あります。

  • 月払いの継続的な料金
  • 各種プリペイド、電子マネーの購入
  • 航空会社の機内販売
  • 一部ホテル(ラブホテルなど)
  • その他

では、エラーとなってしまうことがあります。ラブホテルで弾かれたら恥ずかしいので注意しましょう。。。

さいごに

Kyashは非常に汎用性の高い優れたサービスです。QR決済各社のキャンペーンと併用して賢く利用していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました