【LINE Pay改悪!?】チャージ&ペイと新「LINEポイントクラブ」は人を選ぶ

キャッシュレス

LINEとLINE Payは、5月1日からの新メンバーシッププログラム、「LINEポイントクラブ」の開始に伴う特典詳細を発表しました。

ここで重要なのが、

  • 「マイカラー」制度の廃止
  • 「コード決済」「LINE Payカード」でのポイント還元の廃止

そして代わりに、

  • 「LINEポイントクラブ」の創設
  • 「チャージ&ペイ」での1%〜3%還元

というわけで、Visa LINE Payクレジットカードを持たない方にとってはほとんど旨味のないサービスになってしまいますね。。。

Visa LINE Payクレジットカードとは?

Visa LINE Payクレジットカードとは、ビザ・ワールドワイド・ジャパンとLINE Pay、三井住友カードの3社で発行するクレジットカードのことです。

本来はオリコと提携して発行するカードの予定でしたが、「市場環境の変化」により提携が解消するというすったもんだの末、三井住友カードがカード発行会社になることが決まりました。

シンプルなデザインには好感が持てます

このカードの主な特徴として、

  • Visaブランド
  • タッチ決済機能搭載
  • 初年度年会費無料(次年度以降も年一回の利用で無料)
  • 1年間3%還元(2021年4月30日まで)

特に、1年間3%還元というのは他にはない魅力となっています。1年間で100万円決済するだけで3万円も返ってくるわけですから、そのインパクトは大きいです。

もしkyashと紐づけることができたなら、さらに+1%で常時4%還元となります。【追記】kyashへのチャージは還元対象にならないようです。残念...

3%還元が終了して以降どうなるかはまだわかりませんが、それまでの間メインカードとして使用できるだけの実力は持ち合わせています。

3%還元の上限が明言されていないため、もしもkyashやau walletへのチャージで無制限にポイントがつくなら大変なことが起きるでしょう。すぐ対応されそうですが

LINEポイントクラブとは?

4月末で利用者を前月の利用総額で区分し、0.5〜2%で還元率を変動させる「マイカラー」制度が終了になり、新たに「LINEポイントクラブ」がスタートします。

「LINEポイントクラブ」とは、簡潔にいうと過去6ヶ月間の獲得LINEポイント数に応じて還元率と毎月もらえるクーポン数が変動する制度のことです。

利用総額ではなく獲得ポイント数に変わったことで、最高ランク達成へのハードルは下がったと言えます。

SHOPPING GOやLINE ショッピングでのポイント獲得も加算されることになると、LINE Pay支払い以外でも利用できるため、ハードルはグッと下がります。

また、注目すべきは3段階目の「マイカラー」制度でいう「ブルー」にあたる「ゴールド」が、たった500ポイントとノルマがかなり低く設定してあることです。

Visa LINE Payクレジットカードを発行しない方にとっては最高位となる「ゴールド」ですが、これならLINE関連サービスを利用していれば無理なく到達できるのではないかと思います。

ランクに基づきクーポンの枚数が変動

毎月月初にマイランクに応じてLINE Pay支払いやオンラインショップで利用できるクーポンがもらえます。

LINEポイントクラブの開始後、、毎月の「マイランク」に応じた枚数分、LINEウォレット内「ポイントクラブ」からダウンロードして利用できます。約70社の加盟店がクーポンを発行します。 

特典クーポン一覧(4月17日時点)

リアル店舗(ブランド、カテゴリ、特典クーポン内容)

アインズ&トルペ ドラッグストア 5%OFF 
アカチャンホンポ その他 5%OFF 
アコーディア・ゴルフ スポーツ 5%OFF 
アルペングループ スポーツ 5%OFF 
ウェルシアグループ ドラッグストア 100円OFF 
エディオングループ 家電 5%OFF 
エバグリーン廣甚 スーパー 100円OFF 
オーケー スーパー 100円OFF 
カメラノキタムラ その他 5%OFF 
カラオケビッグエコー エンタメ 5%OFF 
杏林堂薬局 ドラッグストア 100円OFF 
近鉄百貨店 百貨店・商業施設 5%OFF 
クスリのアオキ ドラッグストア 100円OFF 
くら寿司 飲食 5%OFF 
ケーズデンキ 家電 5%OFF 
GEO エンタメ 100円OFF 
ゲンキー ドラッグストア 100円OFF 
コクミンドラッグ ドラッグストア 100円OFF 
ココカラファイン ドラッグストア 100円OFF 
コモディイイダ スーパー 100円OFF 
サツドラ ドラッグストア 100円OFF 
サミットストア スーパー 100円OFF 
サンドラッググループ ドラッグストア 100円OFF 
JR九州ドラッグイレブン ドラッグストア 100円OFF 
JapanTaxiタブレット その他 100円OFF 
じゃんぼ総本店 飲食 100円OFF 
Joshin 家電 5%OFF 
新鮮市場きむら スーパー 100円OFF 
すき家 飲食 100円OFF 
スシロー 飲食 5%OFF 
セイコーマート コンビニ 100円OFF 
ダイコクドラッグ ドラッグストア 100円OFF 
塚田農場 飲食 5%OFF 
釣り具のポイント その他 5%OFF 
ツルハグループ ドラッグストア 100円OFF 
デイリーヤマザキ コンビニ 100円OFF 
トイザらス その他 5%OFF 
東海キヨスク コンビニ 100円OFF 
東急ストア スーパー 100円OFF 
時計倉庫TOKIA その他 5%OFF 
ドラッグストアセキ ドラッグストア 100円OFF 
ドラックストアトモズ ドラッグストア 100円OFF 
トレファクグループ その他 5%OFF 
長崎ちゃんぽん リンガーハット 飲食 100円OFF 
PARCO 百貨店・商業施設 5%OFF 
日高屋 飲食 100円OFF 
ビックカメラグループ 家電 5%OFF 
ファミリーマート コンビニ 100円OFF 
Vドラッグ ドラッグストア 100円OFF 
富士薬品ドラッグストアグループ ドラッグストア 100円OFF 
ブックオフ その他 100円OFF 
古本市場 その他 5%OFF 
フレスタ スーパー 100円OFF 
ベイシア スーパー 100円OFF 
ベルク スーパー 100円OFF 
ポプラグループ コンビニ 100円OFF 
マツモトキヨシホールディングス ドラッグストア 100円OFF 
松屋 飲食 100円OFF 
ミスターマックス スーパー 100円OFF 
ミニストップ コンビニ 100円OFF 
ミライザカ 飲食 5%OFF 
薬王堂 ドラッグストア 100円OFF 
ヤマダ電機グループ 家電 5%OFF 
吉野家 飲食 100円OFF 
Right-onグループ その他 5%OFF 
ライフ スーパー 100円OFF 
ローソン コンビニ 100円OFF 

オンラインショップ

UberEats 飲食 100円OFF 
サンプル百貨店 その他 100円OFF 
DLsite エンタメ 100円OFF 
出前館 飲食 100円OFF 
ファンタシースターオンライン2 エンタメ 100円OFF 
honto エンタメ 100円OFF 
ラクマ ファッション 5%OFF

チャージ&ペイでの還元率が変動

チャージ&ペイは、Visa LINE PayクレジットカードをLINE Payに登録し、事前チャージ不要でLINE Pay加盟店でスマートフォン決済できる機能のことです。

通常時の1%に加えて、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」とランクが上がるごとに+0.5%、+1%、+2%で還元率が上昇します。

つまり、チャージ&ペイは利用実績に基づいて1%〜3%の還元があるポイント制度だということになります。

その代わり、事前チャージした残高から支払う「コード支払い」、「LINE Pay カード」、「請求書支払い」、「Google Pay/QUICPay+」、クレジットカードを登録したLINE各種サービスでの支払いは、LINEポイント還元の対象外となります。

Visa LINE Payカードを発行しないならオススメしない

Visa LINE Payクレジットカードを発行する方にとってはメリットのあるサービスになると言えそうですが、そうでない方にとっては、他の還元が消えてしまう以上有用とは言えません。

せいぜい、500ポイントで「ゴールド」のランクを維持し、クーポンだけ利用するのが一番お得でしょう。

Visa LINE Payクレジットカードを発行しない方には(還元率1%以上のクレジットカード)+(kyash)の組み合わせが常時2%以上を実現できるためオススメです。

それぞれのサービスの特徴を把握し、実りあるキャッシュレス生活を送っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました