【コスパ重視】特別定額給付金10万円でゲーミングPC環境を揃えてみたよ

趣味・ゲーム

先日、政府から国民に支給されることが決まった特別定額給付金10万円について記事を書きました。

あれから自分はどう使うか考えたのですが、結局長年の憧れだったゲーミングPC環境を構築することに決めました。

まだ諸々届いていませんが、コスパを重視して性能比でいいものを選べたんじゃないかと思います。

そこで今回は、自分が何を考えてその商品を選んだか述べていきたいと思います。参考になれば幸いです。

PC本体:FrontierでRyzen 5 3600のモデル

PCを選ぶ際の大前提として、Ryzen 5 3600搭載モデルである、ということがありました。

理由は単純、Intelなんて目じゃないレベルでコスパ最強だからです。

約2.6万円というCore i5並の価格設定で、CPU性能はCore i7に匹敵し、ゲーミング性能でもCore i5〜Core i7クラスの性能を持っています。

このCPUのニュースを聞いて、PCが欲しくなったというのがあるのと、あとなんとなく斜に構えてIntelは嫌だったのもあります。

セールが最強なFrontierのBTO

予算的には10万円前後で探していたのですが、正直言うとこのレベルの予算だと自作もBTOもあまり変わらないというのがあります。

私の考える条件としては、

  • Ryzen 5 3600搭載
  • メモリが16GB以上
  • SSDとHDD両積みでそこそこの容量
  • まあまあのグラボ
  • 電源がショボくはないこと

がありました。しかし、これを満たすBTOメーカーって意外とないものですね。結局、「Frontier」しか見つからなかったのでこれを購入することに決めました。

Ryzen 5 3600+GTX 1660 SUPER+16GBメモリなので、どんな使用用途でもそこそこ耐えることができます。

いい感じのSSDに2TBのHDDも載っているのでしばらくは容量の心配もなさそうです。

「Frontier」はセール品がバカみたいに安いのでセールで買うべきです。

ただ、台数限定セールなんかは品切れしても台数が追加される上、頻繁に開催している(らしい)ので焦る必要はなさそうです。

「メモリ倍増キャンペーン」も実施していて、i7の9000番台にRTX2080 SUPER+32GBメモリの欲張りセットみたいなPCも安価で購入することができます。

>>>Frontier公式ストアはこちら

私が購入したのは、99,800×1.1=109,780円に3,300円(送料)で113,080円でした。

そこから、5%(キャッシュレス還元事業)+2%(Kyash紐付けクレカ)+1.5%(A8.netセルフバック)=8.5%還元で、

実質113,080円-9,611円=103,469円でした。すでに10万円超えましたね。どうして...

モニター:HPの高性能格安モデル

モニターはこちらを選択しました。理由としては、

  • 2万円強と安い
  • フルHD
  • 144Hzを確保
  • 応答速度が1ms
  • ベゼルが細い(2mm)

と、なんでこんなに安いかわからないくらいの性能だったからです。

欠点として、納期は遅いです。海外発送になることも多く、その場合到着までに1ヶ月近くかかります。

それでもいいよって方にはとてもいいのではないでしょうか。買うならポイントがつく楽天かYahoo!ショッピングをお勧めします。

特に現在楽天では10%クーポンを配布している上、エントリーでポイントが7倍になるので安く買えます。

私はAmazonで21,980円で購入しました。

ただこちらの納期が我慢できないという方には、こちらがオススメです。

  • 23.6型
  • 165Hz
  • フルHD
  • 応答速度が1ms

とお値段とスペックがあまり変わらないものを入手できます。

マウス:Viper Mini

マウスを選ぶ点で基準としたことは、

  • 5千円くらい
  • 軽い
  • そこそこ性能がいい

というものです。検討するまで知らなかったのですが、マウスで5千円はエントリークラスの価格帯のようです。

そうなると、よくわからない中華を除くと自ずと選択肢は絞られてきます。そこで選んだのが、「Razer Viper Mini」です。

  • 5,280円
  • 実測61グラム
  • 上位モデル同様オプティカルマウススイッチ搭載

とそれなりに条件を満たしているような気がします。

ただ、リフトオフディスタンス(マウスを持ち上げても反応する高さの上限)が2.0mm以上と高いので、自分で設定をしたり工夫をしなければなりません。

まだ使ってないのでなんとも言えませんが、Twitterの反応を見る限り評判は上々です。

aupayのポイント消化も兼ねて、ツクモ電気で購入しました。

値段はAmazonと同じ5,280円なので、ポイントがついてSHOPPING GOでLINEポイントも貯まる実店舗購入がお得です。

マウスパッド:SteelSeries QcK+ 63003

マウスパッドはこちらを選択しました。

マウスパッドは正直名の知れたメーカーの中から好きなものを選べば良いと思います。

ただ、FPSをする予定があるなら大きいのを選ぶべきでしょう。大は小を兼ねるので。

大きい分にはカットしてサイズを調整することできます。

1,664円でAmazonで購入しました。

キーボード:e元素 赤軸キーボード

まず前提として、キーボードを選ぶ際、Amazonで3千円くらいのよくわからない中華製品はやめておいた方が無難でしょう。

ゲーミングキーボードもやらせレビューが横行しているので、購入前にサクラチェッカーで確認することをお勧めします。

私の考えるゲーマー向けキーボード選びの基準としては、

  • 五千円くらい
  • テンキーレス
  • メカニカルキーボードであること
  • 同時押しができるアンチゴースト機能付き
  • 赤軸(静音)
  • できればRGBでビカビカ光る

というもので、こちらのキングストンのものと迷ったのですが、

メカニカル式(スイッチが1つ1つ独立。高い)ではなく、メンブレン式(シート式。安い)だったのが気に食わず取りやめました。

結局、よくわかる(?)中華に手を出すことにして、e元素というブランドのこちら

に決めました。赤軸(静音性が高い)のしっかりしたキーボードが5千円で手に入るのはとてもいいと思います。

青軸で良い方はこちらもお勧めです。

サクラチェッカーでもe元素製品にサクラレビューは検出されなかったので、安心して購入できそうです。

Twitterユーザーからの評判も上々です。

Amazonで5,099円にて購入しました。

VC環境

コンデンサマイク:FIFINE K669

2時間ほど電子の海をさまよって発見したコスパ最強マイクがこちらになります。

え、中華マイクに6,000円!?と思った方もいるかも知れません。

元々はこちら、3,000円の商品だったものがじわじわと値上がりして今の値段へと至っています。

某ガジェット系Youtuberや複数ブログがコスパ最強として紹介したうえ、昨今のコロナ需要で人気と価格が上昇しているようです。

Twitterでも好意的なツイートが多くみられます。

これをおま国価格のAmazonで買うのは癪だったので、半額程度で購入できるAliexpressで購入しました。

5,999円→3,229円(送料込)で購入することができました。

ヘッドホン:家にあるもの

ヘッドホンは元から家にあるものも有効活用します。

ゲーミングヘッドセットは多数販売されていますが、値段に見合う価値を見出せなかったからです。

ヘッドセットの長時間の利用は頭への負担があり、また耳が蒸れるのを嫌ったということもあります。

ヘッドホンを利用する際には家にあるこちら

を利用します。これもまあまあ良い音を出すはずです。

ゲーミングヘッドセットが使いたい!という方は購入しても良いかも知れません。

スピーカー:家にあるもの

スピーカーも元から家にあるものを有効活用します。

というのも、シージで足音を絶対に捉えたい!という方ならともかく、スピーカーはゲーミング用と非ゲーミング用で差が出にくい分野であるからです。

また、必要性を感じたら追加でヘッドホンなりを買い足すこともできます。ということで、家にあったこれ

ホコリで汚い

を使いたいと思います。DJ用のスピーカーですがそこそこ良い音を出すはずです。

費用まとめ

これでひと通りの道具が揃ったはずです。これまでにかかった費用は、

  • 本体...103,469円
  • モニター...21,980円
  • マウス...5,280円
  • マウスパッド...1,664円
  • キーボード...5,099円
  • コンデンサマイク...3,229円
  • ヘッドホン...0円
  • スピーカー...0円
  • 総計.....140,721円

となります。

10万円は超えてしまいましたが()、妥協することなくそれぞれ最低限以上のものは選べたのではないでしょうか。

ヘッドセット、スピーカーを購入するなら+5,000〜7,000円でみておくと良いと思います。ぜひ参考にしてください。

実物が届いたらまたレビューしたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました