【4万円値引き!】型落ちのiPhone XSが激安で買える話

モバイル

日本人にとってスマートフォンといえばiPhoneですよね。著者のように好き好んでHuaweiを利用する物好きはそういないはずです。

今ドキの若者は写真のやりとりをAirdropですることが多いので、なにかとiPhoneを持っておいた方が"無難"だと考えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、iPhoneは値段が高い、、、

現状最新最高スペックのiPhone 11 Pro Max 512GBなんて、Apple storeで15,7800円(税抜)もします。

MNO(キャリア)による回線との抱き合わせでの割引が総務省によって規制された今、最新最高のiPhoneは庶民がそう簡単に手が出せる代物ではなくなりました。

そうなると、選択肢は「型落ち」か「中古」になります。

しかし、なんとなくだけど中古はイヤ...そう感じる方も多いと思います。

そんなあなたに今おすすめするのが iPhone XSです。

iPhone XS、XS Maxはたった一年で販売終了に...

iPhone 11、11 Pro、11 Pro Maxの発表にあわせ、公式オンラインストアからはiPhone XS、XS Max、iPhone 7が姿を消しました。

ただiPhone Xの場合、公式オンラインストアから消えた後、しばらくは店頭での販売を続けていたため、iPhone XS、XS Maxでも同じような措置が取られるでしょう。

4機種を比較してみた

今年の2月に、ビックカメラやヨドバシカメラでiPhone XS、XS Maxの大幅な値下げが行われました。

ここでは「コスパの良いiPhoneを考える」という記事の目的から、Maxモデルを除いて考えていきたいと思います。

  • iPhone XS 64GB・・・106,480円74,800円(税込)
  • iPhone XS 256GB・・・124,080円84,800円(税込)

(ヨドバシカメラ)(ビックカメラ)

どうでしょうか。相当安くなっていますね。

値引き額としては

  • 64GB→31,680円
  • 256GB→39,280円

となっています。他機種と比較すると、

 iPhone 8iPhone XRiPhone XSiPhone 11
発売日2017年9月2018年10月2018年9月2019年9月
液晶サイズ4.7 inch6.1 inch5.8 inch6.1 inch
防水防塵IP67IP67IP68IP68
背面カメラシングルシングルデュアル(広角/望遠)デュアル(超広角/広角)
認証Touch IDFace IDFace IDFace ID
チップA11 BionicA12 BionicA12 BionicA12 Bionic
64GB58,080円71,280円74,800円82,280円
128GB63,580円76,780円87,780円
256GB84,800円99,880円

この表を見ると、狭い価格帯に4機種がひしめきあっていることが分かりますね。

iPhone 8

まず、価格が一番安いのは当然iPhone 8となります。

どうしてもTouch IDが使いたい!という人にとっては、iPhone 8が唯一の選択肢となり、多くの人にとって十分な性能を持ち合わせています。しかし、大きな弱点として、

発売からもう2年半以上経過している

ということが挙げられます。

iPhoneのサポート期間がおよそ4年と言われている中で、

歴代iPhoneでiOSのサポート期間はどれくらいなのか
  スペック上の問題などから、最新版のiOSをインストールできるiPhoneは限られています。iOSのサポート期間はどれくらいなのか、歴代iPhoneごとに比較したグラフが公開されています。 サポート期間の基準

バッテリーが劣化するまでの2年間すらサポートが続くか怪しい、というのは大きな不安要素です。

サポートが終了するとセキュリティの問題や対応してないアプリが現れるなど、使いづらくなります。

高スペックな最新機種が続々登場する中で、少し見劣りするのも確かでしょう。

iPhone XR,iPhone XS

上の表を見返していただくとお分かりいただけると思うのですが、価格がほとんど変わりません。

64GBに至っては、3520円しか変わりません。

それだけで、

  • カメラが一眼から二眼に
  • IPX7(耐水)からIPX8(防水)に

変わるわけですから、日常的に使うことを考えるとiPhone XSを選ぶべきでしょう。

iPhone 11

実は、iPhone 11は、XSの上位互換というわけではありません。

iPhone 11の勝っている点として、

  • チップが最新のA13 Bionic
  • 超広角レンズ搭載
  • カメラに「ナイトモード」追加
  • バッテリー容量が多い

一方、iPhone XSの優れている点として

  • 価格が安い
  • 本体サイズがコンパクトで軽い
  • ベゼルも細い
  • ディスプレイが有機EL
  • カメラに望遠レンズ搭載

と、一長一短あることが分かります。

ここは明確な優劣がつけられる部分ではないので、個人の優先する部分で判断しましょう。

処理速度を求めるならiPhone 11を(XSも十分すぎるほど高速ですが)、デザインや価格を求めるならiPhone XSを選ぶべきでしょう。

理由は後述しますが、私ならiPhone XSを選ぶと思います。

さいごに

私ならiPhone XSを選びます。

iPhone 11の64GBに2520円足すだけで容量が4倍になるというのは大きな魅力です。

チップのA12 Bionicも相当な高性能ですから、不便だと感じることはまず無いでしょう。

また、先日サービスを開始した5Gとの兼ね合いもあります。いずれは5Gが主流になるわけですから、今わざわざ高額機種を買う必要性は薄く、XSが繋ぎとして最適でしょう。

こちらで紹介する、楽天UN-LIMITはデータ電話使い放題、一年無料、最低契約期間、違約金なしで利用できるため、携帯料金の節約に最適です。

iPhone X以上の機種は公式対応機種ではないものの、利用できます。

お得にiPhoneを利用していきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました